サンタフェでふろしき講座!

GIFTメンバー、アルゼンチンのコルドバ州在住の池田紘子さんより、ふろしきワークショップの報告が届きました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Hola!
初めまして、JICA日系社会青年ボランティアの池田紘子です。
第二の都市、コルドバにあるコルドバ日本人会に配属され、沖縄のエイサー指導他、三線や文化講座を行っています。
そしてついに!5月26日(土)、初めてのふろしき講座を開催しました。
場所はエイサーで巡回指導しているサンタフェ日本語学校です。
週に一度の授業を行っているサンタフェ日本語学校で、先生方の協力の下、特別文化講座として2回行ってきました。
参加者は、小学生から大人まで合計45名ほど。ほぼ全員が風呂敷は初めてという人ばかりでした。
みんな風呂敷の歴史から興味を持って質問してくれ、いざ実践となったときは、あぁでもないこうでもないと苦戦しながら一つ一つの結び方を試していました。
中でも、ワインボトルの代わりに2リットルペットボトル(中身入り!)を使ってのボトル包みは、持ち上げるのも一苦労、二本包みをやったときは「丈夫だけど、底も持って持ち上げてね(笑)」と言って試してもらいました。
翌日がサンタフェ日本人会のバザーだったため、たくさんのペットボトルが用意されていたんです。
いつもよりでっぷりとしたボトル包みとなりました。
サンタフェ日本人会には日本から贈られた風呂敷が合計30枚ほどあります。
また次の機会に、別の包み方も紹介したいなと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ありがとうございます!
池田さんはエイサーや三線も堪能で、さらにふろしきの先生という多才っぷりを発揮し大活躍!
写真を見て、楽しそうな、それでいて真剣にふろしきの使い方を学んでいる様子が伝わってきました。日本から送られたという紫色のふろしきにも注目です!
2リットルボトル包みは、アルゼンチンではよく使いそうですね 笑
たくさんコカコーラとスプライトがででーんと並んでいるのを見ると、アルゼンチンでのフィエスタ(お祭り、というかみんなで集まって食べたり飲んだりしたこと)を思い出して懐かしくなります!!
これからもアルゼンチンの活動のお知らせを紹介していきますのでお楽しみに!!
↓クリック応援よろしくお願いいたします!

第7回むす美ふろしき公募展入賞!!!!

今年もふろしき専門店「むす美」さんのふろしき公募展の季節がやってきました!
去年はGIFTが「Mottainai賞」をいただきました。

なんと今年はGIFTメンバーのパブロさんと平井さんの作品がそれぞれ個人入賞!!!おめでとうございます!

早速作品のご紹介を~
平井久和さんは「私は3.11を忘れません」で小山織賞を受賞しました。3.11当時のご自身の体験と、その後このふろしきを制作するに至った経緯や心の動きを書いた必読のエッセイとふろしきです。
一見かわいいデザインなのですが、このハートはただ「かわいい」ハートではないんです。ハートというより、平井さんの「想い」が散りばめられていると言った方がいいかもしれません。

パブロさんは写真で自分の周りの人たちとのふろしき生活を紹介し、見事、京都新聞社賞を受賞。

パブロさんの周りにはいつも笑顔がたえませんね・・・
というと、「実はふろしきのおかげなんだよ」と彼が教えてくれました。
ご高齢の彼のおばさんも、ふろしきの使い方を覚えながら笑顔を見せてくれたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月14日(土)には授賞式が京都で執り行われました。
当日は平井さんと、パブロさんの代理に、GIFT Japanメンバーの平井さんの奥さんに出席していただきました!!!

 

 

 

 

 

とても素敵な作品ばかり!
この公募展の作品は4月24日(火)まで、むす美さんでも展示しているそうです。
授賞式の写真はむす美さんのFacebookページから見ることができます!

 

応援ありがとうございます!
今度は私も応募しようかな・・・

コルドバ州でのワークショップ

GIFTメンバーのASAMIさんこと、JICA日系社会青年ボランティアの仲野麻未さんから、アルゼンチン第二の都市、コルドバでのワークショップの報告がありましたのでご紹介します!写真もたくさんありますよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日3月11~13日のコルドバ日本語学校でのふろしき講座の様子をお伝えします。

参加してくれたのはコルドバ日本人会の婦人部の方々、コルドバ日本語学校の生徒さんたち
約120名!日本人会の方々(1世)にとっては懐かしいふろしき、2~3世や日本語学校の学生さんたちはほとんどがはじめての体験。
皆さん真結びに苦労していましたが、できたときは満面の笑み。
ふろしきのテクニックもとっても楽しんで取り組んでくれました!
今回の講座は、コルドバ日本語学校の先生方、JICA日系社会青年ボランティアの池田紘子さんも協力してくれました。生徒さんはとっても熱心でGIFTのホームページをメモっている人も。学生の多い、歴史的建物の美しいコルドバの街でもこの秋ふろしきが使われるといいなぁと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本当にたくさんの人たちがふろしき講座を受講したんですね!!!!
日本人会の方たちはみなさん、マイふろしきを持参されて参加した様子。いろいろな色柄があって、デザインにも注目ですね。
コルドバのワークショップは好評だったらしく、次は第2弾を計画中だとか・・・!コルドバのふろしきブームが花開く予感?!これからとても楽しみですね♪
←GIFTマスコットキャラクター・ブルーノ君
応援ありがとうございます♪

第7回ふろしき公募展の写真

ふろしき専門店「むす美」さんが主催のふろしき公募展に今年もGIFTメンバーが応募しました!なんと今年は116点もの応募があったそうです。
応募者全員の写真はFacebookで見ることができます。応募者それぞれのふろしきの使い方とふろしきへの思いがあり、かなり見ごたえがあります。
いいな、と思った写真には「いいね!」をポチッと押してくださいね!!

 

 

 

 

 

パブロ君が大活躍してます!

こっちもポチっと応援よろしくお願いします!!

GIFT新メンバー!

みなさんこんにちは!

GIFTに新メンバーが加わりました!
JICAシニアボランティアとしてアルゼンチンで2年間、3R推進のお仕事をされる、佐藤さんです!3月末に出発!なので急遽東京でお会いすることに。

 

 

 

 

ロシア料理レストランにて。そういえば「ふろしき」と「ピロシキ」って言葉が似てる・・・

 

 

 

 

 

GIFTのこと、アルゼンチンのこと、お仕事のこと、ふろしきのこと・・・などいろいろとお話をし、現地のメンバーに渡したい物もあれこれ託しました。

今頃きっとアルゼンチンでGIFTメンバーが待ってます!
時々GIFT JAPANのことを思い出して、時々GIFT アルゼンチンの近況を教えてくださいね!

←応援Спасибо!スパシーボ!

「ふろしきBook」プロジェクトにご協力お願いします!

GIFTメンバーのフアン君が、スペイン語版のふろしきの本を作るべく寄付を募っています!「ふろしき」普及でレジ袋、包装紙などのムダ遣いを減らし、ゴミの軽量化を目指します。
下記のリンクからプロジェクトの詳細をお読みいただき、一人でも多くの方のご協力をいただければ大変ありがたいです!
(スペイン語版)http://idea.me/proyecto/110/furoshiki?siteLang=es_ES
(英語版)http://idea.me/proyecto/110/furoshiki?siteLang=en_US

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ふろしきBook」プロジェクト内容・寄付の詳細の日本語訳もどうぞお読みください↓

続きを読む

新・GIFT日本語ブログ始めました♪

アルゼンチンで「FUROSHIKI」を広めよう!と2009年11月26日に結成されたグループ、「GIFT」
スペイン語の正式名称は”Grupo de Investigación del Furoshiki y sus Técnicas(訳:ふろしき技法研究グループ)”といい、その頭文字をとって「GIFT(ギフト)」と呼んでいます。

GIFT設立の目的は、”Think Globally, Act Locally”(世界的視点で考え、個々に行動する)との環境運動の理念に基づき、会員が「ふろしき」を題材に考え、行動することです。
ふろしきが物を運んだり包んだりする道具として繰り返し何度も使用できることから、アルゼンチンにおいてふろしきの利用を促進し、少しずつでもレジ袋や紙ゴミの減量化につなげよう、というのが私たちの願いです。
また、ふろしきの使い方を知るだけでなく、ふろしきを使う「こころ」のことも日々考えています。アルゼンチンの人たちと「Mottainai」という言葉について考え、「包む」という行為を再検討しています。

GIFT本部はアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにあり、今なおGIFTのインストラクターがアルゼンチン国内外で活躍し、これまでに1000人を超える人がふろしき講座を受講しました。過去の活動は以前のブログをご覧ください。

このブログでは主にアルゼンチンのGIFTメンバーの活動や、日本から後方支援するメンバーによる「GIFT JAPAN」の活動の様子を書いていきます。これからもGIFTの活躍にご注目ください。
よろしくお願いいたします!


↑GIFTのマスコットキャラクター、ブルーノ君。GIFTのメンバーのおばあちゃんとお母さんからバッチリ指導され、ふろしきバッグはお手のもの!将来が楽しみな5歳児。

←クリックしてくれたら「グラシアス!」